心配しなくてもだいじょうぶ 死ぬまで生きる!ringonomiganarukiの日記

前向きな日もそうじゃない日も、何か一つ喜びを☆

ほどよく薄暗い病院にて

カウンセリングは18時からだけど、仕事終わりで行くとこもなく一時間以上早く来てしまっている(^_^;)

ホテルのラウンジのように落ち着くとこなので、普段買わないようなオシャレな雑誌など読みつつ待っています。

 

さっき、ふと

「こんなに、『こんな仕事やりたくない!無理!』と思う仕事にばかりあたってるのって、どういうことなんだろう。何かのメッセージなのかな」と考えてみた。

 

神様(他力とも言えるかも)が、正しい道、私が居るべきところへ行かせようとしてるのかも…と。

相変わらずの「ちがうだろー!!!」なのかもしれない(苦笑)

 

ringonomiganaruki.hatenablog.com

 

昨日ハローワークで、相談員さんから「このお仕事どうでしょう?」と薦められた仕事があった。

ビックリした。

私がもう20年近く「やりたい」と思って資格もとった仕事だった。

ご縁なく今に至るのだけど。

 

フルタイムの仕事だけど、やりたい。

母にも相談したら

「ずっと言ってたもんね。受けてみたらいいよ。帰りが少し遅くなるならご飯の用意は私がするから」と言ってくれた。

 

母のために…と、条件をせばめてきた。

それは、間違いだったとは思わないけど、

母も逆に「私のせいでパートやバイトって申し訳ない」とも思わせていたみたい。

もちろん、母の為だけでなく私自身もフルタイムの自信がなかった。

でも、どこかで母を言い訳にしているような気もしていた。

 

やりたいことが、やれるチャンスなら、まずは応募してみよう。

 

自分で動かないと何も始まらない。

 

何もかもを諦めたくない。

母とご機嫌に過ごすこと、

母を犠牲にすることなく、私もやりたい仕事ができること。

 

「そんな都合よくいくわけない」

そう思いがちだけど、何もかもがうまくいくこともあるかもしれない。

 

今は、ワクワクとイメージしつつ、志望動機考え中。

 

おかげで、今のやりたくない早くやめたい仕事にも感謝できるようになった。

気付きがあったから。

 

それにしても、お腹すいたな…。

薄暗くて、心地よい音楽。

眠くなります(苦笑)

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆