心配しなくてもだいじょうぶ 死ぬまで生きる!ringonomiganarukiの日記

前向きな日もそうじゃない日も、何か一つ喜びを☆

今年もまたあっという間に大晦日に!

毎年、どんどん一年が過ぎるのが早くなる。

今年は、世界中がコロナウィルスに苦しんだ。

そして、今もまだ収束の光が見えない。

そんな中、春から夏にかけて時短勤務で母との時間が増えたことは、私には思いがけないプレゼント🎁だった。

長い時間を一緒に過ごせて、朝から体操をしたり、夕ご飯を一緒に作ったり、一緒に何かをできる時間が有難かった。

新しい部署でのほぼ一年。

新しい業務を覚えること、先輩方の性格やクセを掴むことも時間のかかる作業だった。

業務のことで、ことごとく注意されて「〇〇さんにはこう教わったのに…」とやりづらさを感じたり、凹んだりもしたけど、歳の近い先輩に愚痴を聞いてもらえたり、気持ちをシェアできたおかげで、乗り越えられた。

本当に困った時、「もうダメだー」と思った時、誰かが「大丈夫ですか?」「これ、手伝いましょうか?」と助けてくれた。

「護られている✨🙏✨」と例年以上に他界した父や御先祖様に感謝した。

「何かあったら、いつでも言ってね」と言ってくれる先輩もいた。

今までの悪い癖で「でも、言ったら迷惑かけるかも」と中々言えずにいたけれど、

「こういうクセが鬱になった原因の一つだった!」と思い出して、巻き込める人は、巻き込むことにしたら、とっても楽になった😊

これからは、こうやって一人で抱えずに生きていこう❗️

そう思えたら、新しい扉が開いたくらい、嬉しい気持ちになれた。

新しい仕事、新しい出会い…なんだかんだで大変だったけれど、楽しい充実した一年でもあった。

母も、オプジーボ投与から3年経った。

さすがに、肺や残っている右腎臓の転移が少しずつ大きくなってきた。

来年1月末からは、分子標的薬の治療予定。

また、副作用に苦しむのかなぁ…と今から気が重い。

四年前は、下痢に吐き気、血圧上昇、発熱、湿疹…などがあったから。

母は相変わらず、ひょうひょうとしている。

「まぁ、仕方ないよね(苦笑)なるようになるよ」と。

そう、考えても仕方ない。起きたことに、対処していこう。

今を大事にして…。

今年も、母とお節を作った。

f:id:ringonomiganaruki:20201231152600j:plain

母が元気で、たくさん食べてくれること、一緒に買い物に行けること、本当にありがたい。

この、コロナ禍の一年、益々そう思う。

今年も、あまりブログを綴る余裕はなかったけれど、最後まで読んでくださってありがとうございました。

くる年が、皆様にとっても、私たちかぞくにとっても穏やかな年になりますように✨✨

即行動!明日はわからないから。

母がオプジーボを投与して、3年が過ぎた。

 

ringonomiganaruki.hatenablog.com

 

仕事を辞めていたので、毎日お見舞いに行き、一日の大半を母のそばで過ごした。

お風呂の介助、食事の介助…雑談、ゆったりと流れる時間の中にも、この先のこと母の日々の変化、不安もたくさんあった。

 

コロナウィルスの影響で、今は介護施設、病院などで面会が制限されていたり、禁止されていたりというニュースを見た。

 

三年前、そんな状況だったら…と思うと何かせずにはいられなくなった。

ということで、以前新聞で紹介されたいた、こちらのクラウドファンディングに少しだけど協力を。

コロナ禍で家族と会えない終末期医療の現場にテレビ電話面会を(終末期医療の現場にテレビ電話面会を広めるプロジェクト 代表 廣橋猛 2020/05/15 公開) - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)

 

今、できることを少しずつやっていこう。

 過去の自分のブログを読んで「そうそう、葉先生はやっぱりステキな言葉をくれるなぁ」と思いつつ。忘れないようにしなくちゃ

ringonomiganaruki.hatenablog.com

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます🙏✨感謝です✨

心身の疲労について

ここ、一か月身体が痛い。

特に背中。

数年前にうつ病になったときも、まずは背部痛、頭痛、胃痛だった。

 

そんなことを思い出すと、今の私は、かなり無理をしてるんだと思う。

そういえば、胃痛もあるなぁと気づく。

そういえば、先日は接客後に気が緩んで泣きそうになったこともあった。

特に難しいことを聞かれたり、怒られたわけでもないのに…。

 

数ヶ月前に異動になり、事務の業務から接客になった。

お客さんにも、新しいもの部署の人々にも気を使わなければならず、仕事中気が休まるのはトイレと休憩の時のみ。

仕事も覚えないといけないけれど、接客しながらなのでメモもとれない。

デスクワークばかりだった私には、ほぼ立ち仕事という点も

 

帰る頃には、心身ともに疲労のピークでご飯の用意もできない。

ずっと、母に甘えている。

家では、ぐったりと寝転んでぼんやりしている。

接客の時は、笑わなきゃいけない。

家では無表情になる。喋るのも面倒になる。

 

母の癌も消えたわけではない、もっとゆっくりさせてあげたい、ちゃんと栄養も考えた食事も作りたい、もっと楽しくおしゃべりもしたい…

だけど、今の私にその余裕はない。

 

このご時世、仕事があるだけ有難く思わなくてはいけないのかもしれない。

でも、私の望んでいる生活はこんなんじゃない。

 

仕事よりも、母との時間を大事にしたい。もちろん私の心身の健康あってのことだから、そこも大事。

 

何よりも、母には私が元気に毎日仕事に行き、元気に帰ってくる…そのことが嬉しいことだと思う。

 

うつ病になったときに、毎日泣きながら出勤し、泣きながら帰宅していたのを見ているので…。

 

母に心配をかけることは、母の病気にもマイナス効果だろう。

だけど、生活をしていかなくてはならない。

 

私はまた、倒れるまでやるしかないのかな…という結論にたどり着くと、泣きたくなる。

 

今日はカウンセリングの予約を入れようと思っていたけど、その気力もなく。

 

こうして、文字にして自分の想いを整理してみようかなという試み。

 

文字をみながら、「…ない」「〜しかない」「しなければならない」

の言葉の多いことに気づく。

 

本当にそうなのかな…。まずは、そこを疑ってみよう。

うつ病になって、リワークプログラムという復職プログラムに通っていたときに「〜かもしれないけど、〜かもしれない」という思考の大切さを知った。

どうしても、自分の考えは偏りがち。

 

オセロのように、黒が白にすんなりかわることもあるかも。

 

『お客さんにも、新しいもの部署の人々にも気を使わなければならず』を疑ってみよう。

お客さんに気を使うのは、当然として部署の人々には、今の半分くらいの気の使い方にしよう。

忙しくて、あんまり気にしてないかもしれないし。

「ここで、この仕事に時間かけすぎたらイラっとさせるかなぁ」とか「今、何かやりましょうかって尋ねたほうがいいかなぁ、余計なことかなぁ」とかは、考えすぎないようにしよう。

 

こんな感じで、少しは対処できることもあるかもしれない。

 

どうにもならなかったら、またその時考えよう。

 

今日も取り止めのない、独り言のようなブログを最後まで読んでくださった方に感謝です🙏✨

「あしたは すてき」だと信じて

雑草に癒される

お買い物に行くのが大好きな母。

いまは、連れて行ってあげられない。

せめて、わたしがおやすみの時だけでもお散歩に…と、近所をてくてくと。

 

先日は、見事に咲いた八重桜を見ながら「桜餅が食べたくなるねぇ(笑)」と話したり、知らないお宅の鉢植えがきれいで「あのお花のあおい色がいいねぇ」と話したりしながら、あたたかい陽射しのなか母と手を繋いで歩く。

 

この上なく幸せな時間✨

 

三年前の今頃、腎臓がんからの肺転移が悪化し肺に水が溜まり出していた。抗ガン剤の副作用で下痢をしたり、熱が出たり…。いつ母の命が危なくなるのか、毎日心配だった。

その後、オプジーボの投与で間質性肺炎の副作用が出たけれど、主治医もびっくりするほど効果が出て肺の転移は小さくなった。

 

あの頃も、「明日はわからない」そんな想いで過ごしていたことを、このコロナウィルスで先が見えない今、時々思い出す。

 

母の癌の治療は今はお休み中だけど、コロナが収束しないと、また治療を始めるには恐ろしいご時世。

母の体内の癌細胞が、おとなしくしていてくれることをただ、祈るばかり🙏✨

 

今日のお散歩のお土産。

雑草を摘んで帰った。

帰って、母と活けてみました。

f:id:ringonomiganaruki:20200429151403j:plain

お花に癒され、元気をもらう。

 

楽しいこと見つけて、ニコニコと笑って過ごしたい。

ついつい、心配や、不安に囚われそうになるけれど。

ふと、ポップコーンがあったことを思い出して、キャラメルポップコーンを作ってみた。 弾けた後に、三温糖をまぶして溶かすだけのお手軽なレシピを見つけたので。 f:id:ringonomiganaruki:20200429152348j:plain 程よい甘さで、また癒される。 「喜びは創りだすもの」(byターシャ・テューダー) この、言葉を最近よく思い出します。

今日も、最後まで読んでくださってありがとうございます。

コロナウィルスニュースの日々に想うこと

毎日コロナウィルスのニュースで、不安になったり、心痛めたり…何かとネガティブな感情で過ごすことが多い気がする。

 

そして、

風邪をひきました。

喉の痛み、微熱…。

でも、このご時世「風邪」と言い切れるのか…。心配になります。病院にも行かず、とにかく大人しくして、水分と食事をしっかり取りつつ、寝ています。

明日仕事はどうしよう、休んだ方がいいんだろうなぁ…なんてことをぼんやり思っています。

 

母が、癌と共存中なので、母だけは守らねば…と毎日ピリピリしてしまいます。

今年はお花見にも行けず…。

近くの保育施設の桜を眺めました。

f:id:ringonomiganaruki:20200415201437j:plain

 

 

日々、当たり前に仕事に行き、当たり前に食べたいものを食べていたのが嘘のようで、時々「これって夢なのかな」と臨時休業しているデパートの横を通勤で歩きながらおもったりもする。

 

何もかもが、「非日常」

でも、ただただ怯えて過ごしていては、心身ともに参りそうなので、毎朝の体操をしてみたり、楽しいことを探してみたり…。

 

 


[あさイチ] 超ラジオ体操~在宅でも出来る!運動不足解消!~ | NHK

生かされていること、今日1日を平穏に過ごせることに感謝するようにもなった。

 

父が急死して「人って明日はわからないんだ」って気づいたつもりだった。

でも、喉元過ぎれば…で、次第に記憶も薄れていく。

最近、毎日のように思う。

人って、なんて不確かな生き物だろうと。

もちろん、自分も。

 

だからこそ、この瞬間瞬間を大事に愛しんで味わいたい。

 

とめどもない今の想いを、最後まで読んでくださってありがとうございます(^_^)感謝です☆

あっという間の1年

びっくりするほど、早かった今年。

おかげさまで、母と元気に年を越せること、本当に嬉しい。

三年前は抗ガン剤で、体重も減り、食べては下す日々だった。それを想うと、ただただ、感謝しかない。

私自身は今年、久しぶりのフルタイムの仕事再開で、ちょこちょこ体調も壊したりもした。

初めての業種だったし、人間関係に悩んだりもした。

母が家事をしてくれたり、労ってくれたり…で、申し訳なく思いつつも、有難かった。

いろいろありながらも、職場では自分のペースをつかめたり、ひとに合わせすぎなくていいんだということに気づけたり、言いたいことは言ってみてもいいんだと思ったり…いろんな気づきがあった。

新しい仕事にチャレンジしたことから、世界は広がった。

やってみてよかったのかも。

ついつい、悪い癖で「〜でなければいけない」と考えがち。

でも、「本当にそうかな❓」と考える癖がついてきた。

そうすると、「そうじゃくてもいいのかも。これでもいいな」と思えることの多いこと❗️

なんだか、毎日色んなことを考えたり、感じたりしながらも、ブログを更新する余裕もなく過ごした。 仕事帰りに買い物して、晩御飯を作って…というのは思いのほか大変だった。改めて母に感謝した。 母もいつも、手伝ってくれた。 今年は、抗ガン剤も飲むことなく過ごせた。護られているんだなぁと有り難く思う。 二ヶ月に一度の検査は毎回、ドキドキするけれど…。 来年は、もう少し色んな余裕をもって過ごせるといいのかなぁと。 まずは、健康第一で❗️ 今年は、40年近く使った電子レンジを買い換えた。 オーブン機能もついたので、今年のおせちにはミートローフを作ってみた。 f:id:ringonomiganaruki:20191231170801j:plain そして、完成の重箱。ゆずの器初めて作ってみました。 f:id:ringonomiganaruki:20200101011110j:plain これも、新しいこと挑戦(笑) 色んな方のブログからも、考えさせられたり、パワーもらったりしました。 この場を借りてありがとうございました。 つたない、文章を読んでくださってありがとうございました。 よいお年をお迎えください。

久しぶりのパソコンから(※お食事前、食事中の方はご注意ください!)

仕事を始めて五か月目に入った。

久しぶりのフルタイムは心身ともにきついのか、時々体調を崩す。

母が今のところ、落ち着いているので時々頼ったりもする。

 

先日も、寝込んでしまった時には家事全てをしてもらった。

 

私がこんなことでは、母を守れない…と落ち込みつつも高熱にうなされていた。

 

そんなこんなで、休日は普段できていない片づけや、掃除、食材の買い出しに追われる。

買い出しは、一人では外出しなくなった母の気分転換でもあるし、運動でもある。

この前のお休みも、少し遠くのお店までお散歩がてら買い出しに。

行く前から「ちょっと胃がムカムカする」と言っていたので、「大丈夫なの?」と何度か聞いたけれど「大丈夫」というので、一緒に行ったのだけれど、

帰りに、「気持ち悪い」と言い出して、座り込んでしまった。

私は、黒のレジ袋(こういうときのために、常備)を渡して

スポーツドリンクを買いに行って、飲ませて、少しそのままで様子を見ていた。

数分後、「もう大丈夫」というので歩き出したら、今度は「お腹が痛い」と…

下してしまった…。歩きながら。

でも、もう家に帰るしかない。という距離。

 

帰り着いて、母がトイレにいっている間に、着替えを用意する。

シャワーを浴びた方がいいだろうから、タオルなども。

 

トイレから出てきて、母はだいぶスッキリしたのか「あー、また自分で介護のお仕事しなくちゃ(苦笑)」と「テヘ」っと笑っていた。

そう三年前、抗がん剤を飲んでいたころは、下痢なんてしょっちゅうで、自分で下着を洗っていた。

「私が洗うから置いておいて」と言っても「そんなの申し訳ない!」と自分で洗っていた。

今回は母が寝ているすきに…。

 

病気ひとつしなかった母だからこそ、すぐ「大丈夫」という。

それを鵜呑みにしてはいけないんだな…と毎回反省する。

母は強いなーと思うのは、こういうことにめげないこと。

私だったら、「また、あんなことになったら…」と思って外出できなくなるところだけど、それはない。

でも、備えるということもないので、そこは困る(苦笑)

私がいつも、万全の備えを、こっそりしている。

本当は、いつも動揺する。

出先で母が体調を崩すと、

「どうしようどうしよう!!」とパニックになる

そんなとき、亡き父がよく私に「うろたえるな!落ち着きなさい!」と言っていた言葉を思い出す。不測の事態に弱い私は、すぐに「どうしよう(>_<)」とオロオロしていた。そんな時に、よくそう言われていた。

なので、思い出す…というよりは、父の声が聞こえる…気がする。

そして、我に返る。「まず、何をするべきか」を考えて、すぐに動く。

私がやるしかない。

 

こんなことがあるたびに、母も私をそうやって育ててくれたんだなぁと思いをはせる。

チビの頃は、突然「おしっこー」といって困らせたこともあるだろうし、突然吐いたりしたこともあっただろう。

 

今、恩返しさせてもらっているんだなぁとしみじみ思う。

 

この時間、有難いと思う。

 

とりあえず、私の健康管理もしっかりしなくては…。

私もなんとなく、胃のムカムカが続いています。

話を変えます!

最近、母が知人に頼まれてチュニックを作っています。

久しぶりのお裁縫、ちょっと楽しい!何かができあがっていくのって、喜びがあります。

ちくちく手縫いなので、母とのんびりおしゃべりしながら、作っていこうと思っています。

仕事を始めてから、帰宅後の母のマシンガントークを聞きながら

「家にずっと一人でいるのは、つまらないだろうなぁ…もっと一緒にいたいなぁ」と

いつも思うので、一緒にいる時間はなるべくいろんなお話を。

 

 とある日の、帰り道

空と雲と夕日の光がきれいだったので…。ちょっと撮ってみました。

もっと、いいカメラのスマホが欲しくなります(^_^;)

 

今回も、つれづれなるままに…のブログでした。

読んでくださってありがとうございます☆

感謝です(*^_^*)

ベランダの洗濯物越しに見る

あっという間に、四月も下旬。
毎日、いろんなことを考え、想い過ごしていて
それをブログに綴りたい❗と思うものの、
まだ、生活リズムがつかめていない😅

そうこういっているうちに桜も散ってしまったけれど、若葉が美しい季節になった。

先日、母を一人で郵便局まで行かせてみた。
家から徒歩10分程度のところ。

昨年末、転倒して足の骨折してから、私は一人で母を外に出せなかった。

先月、先生から「もう大丈夫でしょう(^^)」と言われてからも、なかなか…。

先日は私の気持ちにも余裕があったので、
「一人で行ってみる?」と行かせてみた。
「はじめてのおつかい」のお母さんの気分(苦笑)

数分後「もう終わったからいまから帰るね」と母から電話。
それから、洗濯を干しながら帰り道の方をずっと見ていたら、洗濯物の間から母が見えて
心底ホッとした。

心配だけど、過保護になりすぎても、母の自由を奪うようで…

今年も無事に母とお花見にも行けた。

私の仕事も四ヶ月目に入り、落ち込んだり、辞めたいと思うことも多々あったけど、
いろんな人のおかげで、少しずつ「楽しい面」も見えてきた。

何より二年前を思うと、仕事をやめ、抗がん剤で痩せ細っていた母が、今こんなに元気で
私のお弁当を作ってくれたり、お洗濯してくれたり…有り難いなぁと毎日思う。

お返事もなかなか、できないけれど、みなさんのブログからも気付きや、力を頂いている。
本当に感謝です。

メッセージを受けとる

昨日、会社から「なるべく早く…」と言われていた健康診断を受けに。(ちなみに、自腹で約9000円💦) その帰りに見かけた、椿寒桜。 もう満開🌸 その健診でショックだったのは、体重がかなり落ちていたこと。 食欲はあるし、むしろ食べている感じだったのに…。

うつ病で休職したときに近かった💧当時は食欲もなく、胃痛や吐きけが続いていたので、体重が落ちるのも わかっていたけれど。

恐るべし、ストレス。 今日も、家に帰ってひとしきりグチった。 そういえば、食べてはいるけど、胃痛や背部痛があることに気づく。

そして、自分のブログを読み返してみて引っ掛かったものが…

ringonomiganaruki.hatenablog.com

 「身体の不調や気持ちのイライラは一つのメッセージです。
何かが間違っていることを知らせる魂のサインです。」

そうなんだ…。今、何かが間違っているのかも。

そして、こんなメッセージにも出会う

 

【2019乙女座満月】新たな挑戦(クリエイション)に向けて、その世界に染まり身を委ねていきたい乙女座の満月 - 宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

「誰かのことは気にかけなくていい、ただ、自身と向き合う時間に全てを注いでいていい」今の状況に納得しました❗

2019/02/19 21:26

 自分と向き合って、イライラしたり、落ち込んだりしながらも

何かに気付けたら、それは真っ暗なトンネルの中で出口の光が差し込んだときのような風景に出会えるだろうか。

そして、体の不調もイライラも落ち着くと信じよう。

明日は、母の病院の付き添いのために休みをとった。

母にイライラをぶつけないよう、今日は久しぶりに音楽でも聴きながらリラックスして早めに寝よう❗

そして、過去の自分の言葉にも気づかされる…ブログってステキです✨😊

今日も読んでくださってありがとうございます☆

明日もステキな日になりますように♪

 

必要な時に、必要な人、言葉を与えられる

ブログを更新したいと思いながら、なかなかできずにいた。

その間にも、読んでくださる方がいたりもして感謝ですm(__)m

 

あっという間に、節分もバレンタインも終わった。

ここ数年は恵方巻きを手作りしていたのだけど、今年はそんな余裕などなく…。

日々の生活に追われている。

仕事をしながら、家事、育児をしていた母の大変さを今頃痛感している。

私は育児はないけれど(苦笑)

仕事と家事の両立…想像以上に大変だ。

洗濯は休みの日に週一回しかできてないし…。お掃除もまたしかり。

 

今まで経験したことのない業種での再就職で頭が爆発しそうだ(苦笑)

仕事を覚えることも、専門用語も、PCのシステムも…何がなんやら。

一か月経って、ようやく点と点がつながって、線になって

「あー、こういうことかぁ」とわかることがちょっとずつ増えてきた。

 

けれど、職場の先輩方となじめず一人ぽつんとしている毎日。

まぁ、無理して話をしなくていいし、お昼も一人デスクで食べるので気を遣わなくていいのかもしれない…そう思うようにしている。仕事のことはきちんと教えてくれるし…。支障はないので、よしとしている。

そんな職場での癒しは私のハムちゃん。ハムちゃん型ポーチ。

いつもポケットに入れていて時々、撫でて癒される(笑)

 

 

一か月で辞めた前回の職場が、お昼はみんなで輪になって食べないといけなかったので

それはそれで苦痛だったし。

ないものねだりかなーなんて思いつつ。

 

毎日のように「前の職場辞めなければよかったのかも…」と思っていた。

今の職場では前の職場での経験は全く役に立たず、むしろそのキャリアを否定されるようなことを言われたりもして

「私のやってきたことって、なんだったんだろう…」と落ち込んだ。

うつ病になるまで、頑張り過ぎるしかない…そんな職場だったにもかかわらず…。仕事の内容が好きで、頑張ってしまった。

思い出は美化されていくものだ。

 

元の職場の商業施設は今の職場の近く。

時々、買い物に行く。

そうするとなおさら、「楽しかったなぁ」なんて思ってしまう。

Aさんとの再会に救われる

昨日も買い物に行って帰ろうとしたところ、他部署だったけど

良く声をかけてくれたAさんという定年間近のおじさんに出会った。

「今どうしてるの?元気にしてる?」と再会を喜んでくださった。

そして、今の状況を話しながら、

「もうちょっと、ここにしがみついておけばよかったのかな…と思ったりもします。

40過ぎての転職はしんどいです(苦笑)」というと、

「そんなことないよ!ぎゅーっと掴んでるものを一度パッと離して、新しい物掴んでみたら色々発見もあるし、まだ若いんだしさ!いい方に考えよう!人と関わる仕事はストレス多いでしょ(笑)だから、いいとこ見つけたよ!良かったよかった!また遊びにおいで!」

笑顔で言ってくださった。

「そうだった…。良い方を見なくちゃ!私忘れてた!」と。

また、「二つの取っ手」のことを思い出した。

 

ringonomiganaruki.hatenablog.com

 

 Aさんの言葉に、なんだか、心が震えた。

帰りながら、久しぶりに軽いフラッシュバックを起こして少し泣いた。

鬱になって毎日泣きながら帰っていたあの頃、今日みたいに他部署の人にちょっとグチれていたら違っていたのかもしれない。

 

私の涙はサランラップにかき消された

泣きながら「あ、サランラップ買わなきゃ」と「今」に戻ることができた。

なので、ほんの3分くらいのフラッシュバックだった(苦笑)

 

ついつい、今ある幸せよりも「もっとこうだったらいいのに…」と思う。

母が元気でいること、ご飯がおいしく食べられること、毎日通う職場があること…

どれも当たり前ではない。

 

先日の母の検査で

年末に転倒した時に、股関節の骨が折れていたことが解った。

「歩けていたのが不思議ですよ!しかも、奇跡的に上手い具合に、ひっつきつつあります」と医師に言われた。

そして、右肺の転移が少し大きくなっているようだとも…。

また五月にCTをとる。

どうにか、大人しくしていてほしいと祈るばかりです。

心配しても仕方ないので、笑って過ごそう!と母とは言っています(*^_^*)

久しぶりのブログで乱文お許しください

私も、色んなことが同時に起きていて気持ちの整理ができないでいる。

健康第一で、心身ともに「無理しない」を実践しつつ。

時々、ストレッチしたり、音楽聴いたり…。

そうそう、おやつ買ったり(笑)

やたらとチョコレートばかり食べています。

 

ringonomiganaruki.hatenablog.com

 

 今日も、読んでくださってありがとうございました☆

皆さんのブログにも励まされている日々ですが、コメントもできず…(泣)

ご容赦ください。